• TOP
  • 馬プラセンタサプリメント・ピュルサンプラセンタの通販
  • ベルファム(育毛剤)
  • 商品一覧
  • プラセンタについて
  • お客様の声
  • カートをみる
  • 会員登録
HOME > 歴史からみたプラセンタ

プラセンタについて

プラセンタについて

歴史から見たプラセンタ

東洋、西洋を問わず、プラセンタは昔から、時の権力者によって愛用されてきた歴史があります。

まず、西洋では世界三大美女のひとり、クレオパトラが「美」を追求し、プラセンタを愛用していたと言われています。
あのマリーアントワネットも美容や若返り目的で使用していました。
また、医学的にも注目されており、近代医学の礎を築いた古代ギリシャ(紀元前400年)、ヒポクラテスが自然治癒カを高める薬としてプラセンタを使用したと記録があります。

東洋では、これも世界三大美女のひとりである楊貴妃が「美」目的でプラセンタを愛用していたと言われています。
また、古代中国(紀元前270年頃)、秦の始皇帝は不老長寿の媚薬として珍重しており、 中国では明の時代に医師・李時珍という人によって編纂された、中国でもっとも伝統のある『本草綱目』に「紫河車」(しかしゃ)という名で紹介され、胎盤の薬効が詳しく書かれています。
※紫河車は漢方で上薬といわれ、最高峰に位置します。

朝鮮の“東医宝鑑”等種々の医薬本にも精神・肉体の衰えの強壮薬としてプラセンタは記載されており、広く使われていた事が想像できます。
また、韓国では宮廷料理の中で紹介されたりしており、プラセンタは時の権力者(高官高位の人)限定の高貴な食べ物だったようです。

日本にも不老長寿の秘薬として伝来して愛用されていました。
江戸時代には加賀藩(今の石川県)の三大秘薬の一つ、不老長寿の薬として「混元丹」が発売されました。

長い歴史の中で「美容」と「不老長寿」の秘薬として愛用されてきたプラセンタですが、兵士の負傷を治すためや特攻部隊の兵士に覚醒目的で使用されたりして研究が進み、全身の機能を高める効果があることがだんだんと解ってきました。

その当時(昭和20年代)のプラセンタ治療は、麻酔で皮膚を切開してから胎盤を埋め込むという「胎盤埋没療法」が旧ソ連や中国から伝わり、保険適応の肝機能障害や更年期障害に限られた治療法として利用されてきました。
そして、体に胎盤を埋め込む方法ではなく、痛みを軽減して直接身体に入れる方法として発明されたのが、現在の「プラセンタ注射」なのです

プラセンタ注射を使用した治療中の患者さんから「肌がぷるぷるになった」等といった声が聞かれるようになり、 再びプラセンタが「美容成分」として注目されて広がった結果、健康食品や化粧品、サプリメントや美容ドリンクなどの形でお馴染みになりました。

さらに、最近では「プラセンタ注射で毛が生えた!」とプラセンタは髪の毛にも効果があることがTV等メディアでも話題になり「美髪成分」としても抜け毛、薄毛の分野で研究が進んでいます。
女性の美意識はお肌だけでなく、髪まで細部に至ることがよくわかるエピソードですね。

業界初! 国産サラブレッドプラセンタ配合育毛剤はこちら→

薄毛、白髪、髪艶、ベルファムは全ての悩める女性のための育毛剤です

  • ベルファム 通常購入
  • ベルファム 定期購入
top↑

商品一覧

該当商品はありません