• TOP
  • 馬プラセンタサプリメント・ピュルサンプラセンタの通販
  • ベルファム(育毛剤)
  • 商品一覧
  • プラセンタについて
  • お客様の声
  • カートをみる
  • 会員登録
HOME > プラセンタの種類

プラセンタについて

プラセンタについて

プラセンタの種類

プラセンタはヒトを含む哺乳類の胎盤から得られます。
胎盤は基本的には1つの受精卵を赤ちゃんになるまで育てる器官ですので、 哺乳類の種類だけ存在します。

そのためプラセンタにはヒト由来、羊由来、豚由来、馬由来 の種類があります。
安全性、食習慣や文化的な理由から各国の市場は異なります。
日本の医薬品や化粧品として流通しているプラセンタは主に次の3種類です。

ヒト由来のプラセンタ

ヒト由来のプラセンタは、ヒトの胎盤から得られるプラセンタで、医薬品で「プラセンタ注射」として有名です。
「プラセンタ療法」として、美容クリニックや皮膚科等では主に美容目的で処方されています。
プラセンタは元々、当初は更年期障害・乳汁分泌不全・肝硬変の治療、肝機能改善のための薬として用いられてきましたが、近年では治療目的だけでなく美容目的での使用が多くなってきました。
また、最近ではプラセンタ注射で毛が生えた!とテレビで話題になったことから、発毛の分野(抜け毛対策)でも注目を浴びています。

豚由来のプラセンタ

日本では、ヒト由来のプラセンタの使用は、医薬品だけとなっております。
しかし、プラセンタの持つ美容、美肌、美髪の「美」に作用する力が研究されて、 ヒト由来に代わるプラセンタの原料としてクローズアップされたのは牛由来でした。
ですが、安全性の点から牛由来のプラセンタの使用が禁止になったため、現在、化粧品、健康食品、サプリメントに使用されるプラセンタは豚由来の物が主流となっております。

プラセンタは特に化粧品、美容ドリンクで日常生活において広く利用されていますが、その殆どが豚由来プラセンタといっても過言ではありません。
しかし、豚はインフルエンザや口蹄疫などの病気に弱いため、使用の安全性に懸念があります。また、プラセンタの原料を確保するには、量が多く必要となり大変です。
これが、牛、豚の食肉以外の哺乳類からプラセンタを製造することが難しい現実です。
鯨(くじら)は哺乳類なので胎盤はありますが、量の確保が難しいため鯨由来のプラセンタがないのもご理解頂けると思います。

馬由来のプラセンタ

豚由来のプラセンタは市場で多く流通しているため、健康・美容分野で盛んに研究結果が報告されています。
ですが、馬由来のプラセンタが脚光を浴びているのはアミノ酸の質と量のバランスが良いからです。
なんと、アミノ酸含有量が豚プラセンタの296倍もあるのです!
詳しくはこちら→(サラブレッドプラセンタは296倍)

その理由のひとつに、馬は一度の出産に1頭、豚は10〜12頭も生みます。
出産サイクルも馬は11ヶ月とヒトに近く、豚は1年で2回ほど出産できるため、プラセンタ自体の成分の濃さの違いが考えられます。
文字通り、質と量のバランスがよいため、お肌も、髪の毛も、身体の隅々まで馬力がつき、元気で健康になるようです。
また、脚光を浴びているもう一つの理由は馬は安全性の高い動物だからです。

薄毛、白髪、髪艶、ベルファムは全ての悩める女性のための育毛剤です

  • ベルファム 通常購入
  • ベルファム 定期購入
top↑

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ